2019年03月13日

ホーン交換

前回のワゴンRの続きでホーン交換です。
ご依頼いただけた作業がまだあります。サスペンション交換による車高ダウンとホーン交換です。
ダウンサスの交換は万が一を考えて車検後にします。RSRのダウンサスで車検対応品のモノですが中古品なのでスプリングのヘタリで車高がクリアできない恐れが、全くないとは言えません。
車検に合格しナンバーが付いてからゆっくり作業すればいいことです。
hone001.jpg

hone002.jpg
このクルマはフロントグリルを外すと目の前に純正ホーンが一つあります。
う〜ん、ここはエキゾーストマニホールドに近く、夏場は凄い温度になりそうです。しかもアルファホーンは大きくなる上に2コになるのです。熱の影響をモロに受けます。

hone003.jpg
強烈な熱の影響を受けないエンジンルームの奥へホーン本体を取り付けることにします。
ここなら安心。水からも熱からも逃げられます。

hone004.jpg
電源は元のノーマルホーン電源へ接続し完成です。純正の味気ない単音からキレイな和音になりました。ホーンですから頻繁に使うものではなく、どちらかと言えばオシャレ部品の一つです。
サンキュー挨拶などでホーンを鳴らすのが楽しくなる。そんな部品だと思います。

お問い合わせ
WEBサイト:http://www.tmccarlife.co.jp/
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 11:01| Comment(0) | ライト・電装品

2019年03月09日

HIDコンバージョンKITの取付

先日ご購入いただいた中古車ワゴンRへHIDキットの取付です。
本当はナンバーが付いているハズだったのですが、ちょっとしたミスで金曜日に車検不合格。
修理部分の部品は大したものではなかったのですが、今日中には間に合いません。土曜日は陸運支局がお休みになってしまいます。お客様に直謝り。ワゴンRは来週まで弊社にお泊り。
気を取り直して、昨日届いていたfclのHIDコンバージョンKITを朝一から取付開始!
hid001.jpg

hid002.jpg
まずは基本中の基本、作業中のキズ・汚れ防止のフィルムを貼ります。誰も見ていませんが自分のこだわりです。

hid005.jpg
ノーマルH4バルブを外してコンバージョンKITのH4バナーを取り付けます。H4、H1などの規格を間違わなければバナーはピタリと取付られます。

hid003.jpg
バラストなどの部品の取付位置を大体決めながら結線し本位置決めをします。バラストは一昔前の1/4くらいの大きさになり水にも強くなり取付は楽になりました。
左側も同じ手順で取付を行います。

hid004.jpg
結線が終わったらライトスイッチON。いいですね!バッチリOKです。
保護フィルムの所為で青っぽい光に見えていますが、実際は車検対応の6000Kの白い光です。

お問い合わせ
WEBサイト:http://www.tmccarlife.co.jp/
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 19:20| Comment(0) | ライト・電装品

2019年01月05日

明るい作業

今年もよろしくお願いします。
さて、一番の最初の「明るい」作業となりました。

shaken-017.jpg
ヘッドライトが暗いということで、ご来店です。ライトはくすんでいる上にハロゲン球。
街中でスレ違う新車のLEDやHIDの光を見たら暗く感じるでしょう。

shaken-019.jpg
ヘッドライトを外してfcl.製のHIDコンバージョンKITを組みます。

shaken-020.jpg
これがH4バルブ用のHIDコンバージョンKIT。写真は撮り忘れたためfcl.さんのHPより拝借しました。

shaken-018.jpg
スモールバルブはLED球バルブに交換。多少、消費電力が抑えられるでしょう。

ただHIDコンバージョンKITを組むだけでは明るくなりません。ヘッドライトが汚れ・細かいキズでくすんでいるため光が四方に散ってしまうのです。そこで当店で最近導入したヘッドライトスチーマー施工をします。
shaken-021.jpg
表面をペーパーで磨いたヘッドライトユニットとヘッドライドスチーマーKIT。

施工はサンドペーパーで黄ばみを取り、特別な液体ジクロロメタンを使って表面を溶かして透明にします。
ジクロロメタンの取り扱いは、危険なので完全防備でやってます。効果のほどを見てください。


お問い合わせ
WEBサイト:http://www.tmccarlife.co.jp/
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 22:13| Comment(0) | ライト・電装品

2017年12月25日

暗い室内灯

クルマの室内灯ってくらいですよね。
まあ、走行時には必要ないとはいえ、夜間止まって何かを探したりするとき苦労します。スマホがあれば懐中電灯になりますが、クルマに乗っているのに何かヘンな行為ですよね?
IMG_8469.JPG
今流行りのLED電球にしてみませんか?ノーマルバルブと交換するだけ。何の配線加工も必要ありません。光源が多くついているものは信じられない明るさです。それでいてノーマルより電気を消費しないのがLEDバルブなのです。
IMG_8471.JPG
今やヘッドライト、フォグランプ、スモール、ブレーキ、ウインカー、バックランプ、ナンバー灯、室内灯、メーター球など多くの種類のLED球が販売されています。
もちろん当店でも取り寄せて交換が可能です。
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ライト・電装品

2017年12月19日

明るいライトへ

街中を走っているとヘッドライトやフォグランプがとても明るいクルマに遭遇しませんか?
クルマが古くなりぼんやりした光にしか見えなくなったハロゲン球のクルマでも、あのように明るくする方法があるんです。それがHIDキットです。
IMG_8442s.jpg
ある程度の知識と工具を持ち合わせていれば取付はそんなに難しくありません。ノーマルのハロゲン球を外して市販のHIDキットを取付ます。
IMG_8442.JPG
写真はありませんがHID専用の配線やバラストと呼ばれる変圧器を取り付ければ作業は終了です。わずかな費用で効果は絶大です。夜間走行の多い方は良くお分かりになると思います。
車検(保安基準)にも対応している商品もあります。一般的に光が青くならない6000K以下であれば車検(保安基準)には問題ないという解釈です。
IMG_8443.JPG
*車検に問題があっても、その時にノーマルに戻せば問題はありません。
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライト・電装品