2020年02月24日

ライフダンクの車検

お得意様のOさんのライフダンクの車検です。
平成13年式 走行14万キロ と、ガンバっている軽自動車。

fb_pic0506.jpg
色々と車検のための部品を購入してきたようです。

年間走行距離はあまりないのですが前後ブレーキをオーバーホール(O/H)したいとのご希望です。
shaken-022.jpg
まずはリアのドラムブレーキから。
赤丸のホイールシリンダーのカップとブーツと呼ばれるゴム部品を交換します。ディスクブレーキに比べると漏れやすいと言われています。定期的な交換がオススメです。

shaken-023.jpg
フロントディスクブレーキです。
ディスクキャリパーのシールとブーツとスライドピンのダストブーツを交換します。こちらは漏れはほとんどありませんが、スライドピンがサビで固着しブレーキが効きっぱなし・効かなくなることがあります。

shaken-024.jpg
O/Hが終わったらしっかり前後左右からエア抜き(ブレーキフルード交換)をします。
ブレーキフルードは水が溶け込みやすく、こちらも定期的な交換はお勧めします。

エンジンルームです。
shaken-026.jpg
ファンベルト、クーラーベルトを交換します。ベルトは傷んでいないようですが車検ごとに交換するようです。

shaken-027.jpg
エンジン上部のフタ、ヘッドカバーのパッキンを交換。
これもゴム部品。ゴムの弾力性でオイルの漏れを防いでいるにすぎず、ある年数が経過するとゴムに弾力がなくなりオイル漏れが発生します。

洗浄&燃料タンクの水抜き剤注入。
shaken-029.jpg
燃料タンクには水が溜まっています。温度差でタンク内に生じる結露などで少しづつ溜まっていくのです。それが燃料系統に汚れやサビを生じさせています。
車検に合わせて洗い流してしまおうということのようです。

車内です。
shaken-028.jpg
うっかりして作業を終わらせてしまいました。写真は助手席の足元です。
エアコンフィルターを交換しました。家庭用エアコンと同じようにフィルターがありホコリが付きます。(付いていない車種もあります)こちらも車検に合わせてということのようです。

車検見積歓迎です。当社でやらなくても全然かまいません。
3月は陸運支局は大変混みあい車検予約が取りにくくなります。
どうか余裕も持ってご依頼ください。

お問い合わせ
WEBサイト:https://www.tmccarlife.co.jp/
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 11:44| Comment(0) | 車検

2020年01月08日

車検はどこに出そうか?

遅れながら今年もよろしくお願いします。

好評をいただいていますメンテナンスの中の車検ですが、少しでも楽しく、ごご依頼いただければと、ちょっとしたマンガを作成しました。マンガを勉強中のWEB担当者の第二弾です。練習中ということなので大きい心で読んでください。
shaken_manga.jpg

https://www.tmccarlife.co.jp/shaken.html
ごくごく簡単な流れを短く物語にしています。

マンガではわからない不明な点があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。
しつこく車検依頼をせまったりはいたしません。ゆっくり、じっくり他社と比べて決めてください。

マンガは、HIDキット編と続きます。お楽しみに!

お問い合わせ
WEBサイト:https://www.tmccarlife.co.jp/
Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 18:48| Comment(0) | 車検

2018年08月31日

車検作業 検査(陸事)編

前回の続き、車検のクライマックス 検査(陸事)編です。

所沢の埼玉運輸支局、(通称)所沢陸事にやってきまた。もちろん整備をしたクルマに乗ってきました。予約確認と税金等が払ってあるか確認した後、検査コースに並びます。
shaken-013.jpg

検査コースはそれぞれクセがあり私の好みは4番コース。あえて全自動といわれるコースには並びません。
shaken-014.jpg

検査コース最初は排気ガス濃度。次に写真のサイドスリップと言われるタイヤの位置(角度)がどうなっているかの検査。サイドスリップは車高調やダウンサスを組んだり、足回りをぶつけていると基準値を外れて不合格になったりします。
shaken-012.jpg

ヘッドライドが前方のどこを照らしているか計測します。ライトが曇っていたりすると不合格となることが多い検査。
shaken-015.jpg

下回りの検査。下回りを見てもらい整備不良個所がなければ合格です。このクルマは一度で全てをパスしました。不合格の場合は修理をして「再検査」というカタチになります。
shaken-016.jpg

新しい車検証とステッカーをもらい工場へ戻ります。洗車をして納車準備となり車検は終了です。
認証工場というステータスの工場が行う車検とほぼ同じコトをしています。
どうぞ、ご利用くださいマセ。

Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 11:54| Comment(0) | 車検

車検作業 整備編

前回の続きで車検作業 整備編です。

前回見つけた不具合部分の見積をお客様に電話します。
このクルマはエンジンオイル・エレメント交換とブレーキバルブ切れくらいだったので、迷うことなく作業許可がもらえました。
早速エンジンオイルを抜きます。
shaken-7.jpg
色は真っ黒。交換時期です。
shaken-8.jpg

左後のブレーキバルブを交換します。このクルマは室内から交換ができます。テールランプを外さなくてはならない車種もあります。
shaken-9.jpg

短時間で整備作業は終了。
午後から所沢の埼玉運輸支局、(通称)所沢陸事に行くために自賠責保険を入れます。パソコンを使って加入手続きができます。
shaken-011.jpg

自賠責保険が出来たら陸事での検査の為の書類を書きます。
shaken-010.jpg

毎日のように車検の検査を通しています。検査とはいわば試験みたいなもの。
多少緊張しながら所沢陸事へ向かいます。
(つづく)

Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 09:42| Comment(0) | 車検

車検作業 受け入れ編

森下です。残暑厳しいですね。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
今日は弊社の車検についてのお知らせです。
車検を依頼された場合の流れを簡単にご説明したいと思います。
車検は大きく分けて「受け入れ」「見積」「整備作業」「検査(陸事)」「引き渡し」になると思います。
ここでは「見積」「整備作業」「陸事」をご紹介いたします。

お客様から預かったクルマに車検に通らない不具合部分があるか調べます。
自作のチェックシートに基づいて法定点検以外の部分も調べています。
IMG_8873.jpg

エンジンルームにオイル漏れ等がないかブレーキの残量は次の車検まえ大丈夫かなどなど多岐に渡ります。
shaken-1.jpg

shaken-4.jpg

左後ろのブレーキが点灯していません。8割9割がバルブ切れでしょう。100%車検不合格となります。
shaken-2.jpg

下回りも調べます。
shaken-6.jpg

この後は悪かった部分、車検に通らない部分の部品を拾い出し、「部品価格と交換工賃の整備費用」+「車検」がいくらかかるのか「見積」お客様に連絡します。
(つづく)

Eメールアドレス:bbs322_0613@yahoo.co.jp
携帯電話:090-7845-2036(森下)
posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 09:02| Comment(0) | 車検