2018年08月13日

タイヤ交換

暑い日が続いています。
皆様はタイヤ交換はどうしていますか?ディーラーや修理工場、カー用品店、GSスタンドといったところでしょうか?
インターネット通販はどうでしょう?誰もが知っている大手インターネット通販サイトで購入しても、そのタイヤを送ってくれるだけで交換店・工場は自分で探さなくてはなりません。個人的に交換しようとしてもタイヤチェンジャー、ホイールバランサーなどの機器が必要です。




タイヤ通販 オートウェイ
をご存知でしょうか?
タイヤ専門のインターネット通販サイトです。他のインターネット通販と違うのは、お住まいの地域にある取付店舗を選ぶことが出来ること。もちろん埼玉県には弊社も載っており選択することが出来ます。
どなたかがタイヤを購入し「交換工場」に弊社を選んでいただくとオートウェイから連絡が来ます。そして購入者と連絡をとり交換日時を決め、作業をするといった形です。

@オートウェイからお客様が購入したタイヤが送られてきます。
blog0016.jpg

A予約日にお客様がご来店され作業開始です。(タイヤサイズやホイールによって作業時間は変わります)
blog0017.jpg

B外したタイヤホイールをタイヤチェンジャーへセット。ホイールにキズを付けない様に慎重に!
blog0018.jpg

Cホイールからタイヤを外しています。ゴムのエアバルブは交換します。
blog0019.jpg

ここからのエア漏れはイヤというほど見てきています。同時交換は必須。
blog0020.jpg

D新しいタイヤの組付けをします。
blog0022.jpg

Eタイヤのバランス調整をします。これがズレているとガタガタと振動が出ます。
blog0024.jpg

Fタイヤ取付前に「チラリ」。ドライブシャフトのブーツが切れています。車検に通らなくなる重要部品。放っておくとドライブシャフトから異音が出て全体交換となってしまいます。
こことブレーキのディスクパッドは残量点検は見てあげたい部分。部品を取り寄せて後日修理も可能です。
blog0023.jpg

Gトルクレンチで締め付け。当たり前と言えば当たり前の作業。インパクトレンチや手締めでは均等に必要トルクで締め付けられません。
blog0025.jpg

私がいままでいたカー用品店や整備工場では、いわゆるインターネット通販で購入し持ち込まれたタイヤ交換工賃は「倍取り」でした。また店頭で購入のタイヤには、かなりの利益が乗せられています。
そのあたりの計算はご覧いただければわかると思います。


posted by 株式会社TMCカー・ライフ at 09:34| Comment(0) | タイヤ交換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: